🏠実践・対応編②🏠18歳からの、賃貸借契約

🏠実践・対応編①🏠の続きです。

 

さて、いよいよ不動産会社へ行ってみたとします。

 

18歳のみなさまがはじめにひとりでいくとすると

どんなことが心配でしょうか。

 

「無理やりその日に契約させられるんじゃないか」

「なにかよくわからない代金を払わされるんじゃないか」

それはそれはたくさんありますよね。

 

はっきりいいます。

「威圧的、強引、怖い」

と思ったら「検討しまーす!」と

言って結果を持ち帰っちゃってください。

(そんな三拍子そろうことなかなかないかとおもいますが・・・)

また、料金等が書いている資料はあとから調べやすいように

なるべくもらってください。

(詳細が書いていない内容もあるのであとから

他にかかる費用等も必ずご確認ください)。

 

 

いったん持ち帰って「自分で調べる」「だれかに相談する」

そうして判断していくことって、大人になりたての時期、

めっちゃ大事だと思うんです。

 

ただし「先着順」に契約になるのも事実です。

気に入ったり

他のひとにおさえられそう、

という場合は担当者に返答日をご相談ください。

 

 

また、契約前や契約時、

「宅建士(たっけんし)」とよばれるひとや担当者が

「ここ大事ですよー」という内容を説明します。

その時に確認、納得して、

契約していただくのがよいかとおもいます。

 

新木本住宅の専任の宅建士やスタッフとしては

わからないことはどんなことでも

まとめてでもその都度でも事前にでも・・

大丈夫です。聞いてください。

そんな気持ちでお待ちしております。

 

わからないことがわからないときも大丈夫です。

なんとかして聞いてみてください。。

(私も大人になってから

「このへんのなにがわからないのかもわからないです・・」

と質問したことがあります※ちゃんとわかってもらえたし、教えてもらえました)

 

私自体が別の業種から不動産会社で

お仕事させていただいてます。

新木本住宅の先輩方が

いろんなことば、いろんな方法で教えてくれました。

プロは本当にどんな質問も対応できるんだなと

感動した瞬間でした。

おなじようにみなさまに対応したい、

つなげていきたいと、

このブログも書かせていただいております。

 

 

何より新生活に新成人。

心配ごとをひとつでも減らしていただきたいです。

 

その一歩や中間地点でお手伝いできることができれば

とっても嬉しいです。

 

 

それでは本日はここまで。

長くなりましたが、

少しでも安心してご来店くださる日を

心よりお待ちしております。


関連記事

導入編 18歳からの賃貸借契約

現状編 18歳からの賃貸借契約

実践・対応編①18歳からの賃貸借契約

ひとりぐらしにおすすめの物件