🏠実践・対応編①🏠18歳からの、賃貸借契約

こんにちは!

お盆もあけましたが、

お元気でしたか🌞

 

私はお盆中家にいることが

多かったのですが、

お家が色々な猫🐾さんの通り道だったようで

かわるがわる遊びに来たり

涼みに来たりしていて

その様子をほのぼの楽しんで見ておりました🐾

 

さて、本日は18歳の賃貸借契約できる?の

実践・対応編ということで、

「18歳で実際に家やマンションの1室を

借りようと考えているのだけれど・・」

というかたのために、

どうしたらいいか?

また新木本住宅の対応について

お話していきたいと思います。

 

まず、皆さまが住む場所を探される場合、

「スーモ」や「アットホーム」など物件がまとめられている

ポータルサイトでお家探しをされるかたが

ほとんどだとおもいます。

 

これらのポータルサイトは

たくさんの会社が物件を登録しています。

そのため物件を見て、

「どんな家にどんな条件ですみたいか」を

きめるのに適しています。

 

たとえば、CMでもよくある

「礼金・敷金0円(はじめにかかる費用の一部)」

「バス・トイレ別(お風呂とトイレが別室)」

など条件をつけて検索していくと、

「この条件ははずせないな」

と自分の希望が明確になります。

 

一方、このポータルサイトに「登録していない」

物件もあります。

登録していない物件は

それぞれの会社のホームページに登録していたり

直接ご来店、お話した際にご希望にそった物件がある🌟

と担当者が判断、ご紹介させていただくといった仕組みです。

この中に「まかせていただいたばかりのほやほや物件」や

「たまたまキャンセルがでた物件」などがありますので

条件にぴったり、ということも結構あるんです。

 

ある程度の物件の条件をきめ、

希望の物件をさがし、

見学へ行く。

他の物件も探して、見てみたい。

実際に契約したい。

そう、そこからついに

「直接、お店(不動産会社)へ突入!」

ここいちばんの緊張・・です!

 

→🏠実践・対応編②🏠に続く


関連時期

 

導入編 18歳からの賃貸借契約

現状編 18歳からの賃貸借契約

実践・対応編②18歳からの賃貸借契約