ミニマリスト(不動産におけるメリット編)

こんにちは!

今日は最近テレビや雑誌でとりあげられている

ミニマリストについてお話したいとおもいます。

 

さっそくですが、ミニマリストとは具体的になんでしょうか。

 

ミニマリストとはそのミニマル(minimal)から派生した造語で

「本当に必要なものを厳選して必要最小限のものでくらすひと」

のことを言います。

 

その影響もあり「小さくて小回りの効くお部屋」

「シンプルで移動しやすいつくりのお部屋」

の需要もでてまいりました。

 

「本当に必要なもの」を厳選し、「必要最低限のもので暮らす」と

物件を探し、お部屋で暮らしていく際、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

 

まず、ミニマリストは持っている「モノ」自体が少なく

物件を他のひとよりも「小さめのお部屋」を借りることができます。

小さめのお部屋は賃料が安いことが多いです。

お部屋の管理がしやすいので綺麗な状態のことも。

 

その分貯金にまわしたり

他のこと(経験や知識、趣味など)にお金が使うことができます。

 

 

次に収納などの家具が少なくなり、閉塞感がないことです。

また床の傷や部分焼けの場所が減ります。

また大型の家具にしても「多機能」「折りたたみが可能」「運びやすい」

ものを選びます。

 

たとえばソファ兼ベッドです。

大型家具を兼用すると「平米数の少ないお部屋」でも

狭さをかんじさせません。

 

ソファがいらない方は布団がおすすめ(並行して畳部屋もおすすめ)です。

たたんでふすまや収納棚にしまえば、お部屋が丸々つかえます。

 

 

最後に

「心地よく長く暮らせる」という点です。

不動産屋としては何よりこれにつきます。

前述にもあるとおり

物が少ないとお部屋の掃除や管理がしやすく

お掃除が苦手なかたでもお部屋がキレイにたもつことができます。

実はというと私もお部屋の掃除はすきではありません。

なので床に余り物を置かず、家具は下が空いているものを利用したり

必要な掃除用具を必要な場所においたりして「体調が悪くても掃除ができる環境」

を作り出しています。

好きなもの厳選されているものの管理は自ずと進んでしますが

「気に入っていない」「必要なものではない」ものの掃除や管理は大変です。

 

 

部屋がキレイだったり

管理するものが少ないと楽です。

かなり「居心地のいいお部屋」になるのではないでしょうか。

 

居心地の良いお部屋になると

「ここに住んでよかったな」

と思いますし、掃除がいきとどくと

お家もながくもちます。

 

借りる人にとっては「ながく暮らせて居心地が良い」

貸す人にとっては「キレイにつかってくれて嬉しい」

お互いにとって気持ちよく信頼関係が自然にできあがります。

 

さて今回はミニマリストの「不動産におけるメリット」をあげてみました♪

次回は具体的に「ミニマリスト」の日常生活におけるメリットについて

お話したいとおもいます。