風通しのいい物件とメリット

こんにちは!

雨から一転

すっかり晴れが続いています。

しばらく涼しかったので

とっても暑く感じます☀☀☀

 

ここまで暑くなると

「通風良好」の物件がいいなぁ・・

と考えはじめます。

あとはプールでおよぎたいとか

アイス食べたいとか・・・

 

ということで今日は通風良好のお部屋について

少しお話していきたいとおもいます。

 

 

-風の通りがいいと-

 

・湿気対策

 

・カビ対策

 

・暑さ対策(家の中の熱を外へ一度逃す)になります。

 

 

-通風良好の物件を探す場合-

 

 

周りの建物が同じ高さで密集していない

 

両面バルコニーで風を通せるようになっている

 

一部屋で2つ以上の窓がある

 

とまず3点が大きくポイントとなります。

 

また、四條畷でいうと

山の方向へ少しあがると

風が涼しいです。

 

通風(風通し)や採光(窓から入る光)のあるお部屋は

見ていただくと「どれくらい家で過ごしやすいか」を感じることができます。

 

ちなみにこの時期なので・・直接はまだ見学するのは控えたい、というかたは

間取りから窓がどの位置にあるか事前にチェックもできます。

 

↓新木本住宅の間取りではこのマークが窓になります↓

 

 

 

また、メインで使うお部屋とあまり使わないお部屋では

メインのお部屋で風通しや採光があったほうが過ごしやすかったり・・

キッチンの横に風通しのいい窓があると明るく匂いもこもりません。

室内干しをされる方は干す場所のちかくに窓があると

乾く時間もかわってきますしカビ臭対策にもなります。

 

 

-間取りも通風に影響-

 

たとえば引き戸(横にスライドしてあけるドア)や

畳のお部屋でふすまをあけたり外したりできる

続き間だったりすると、

開いてすぐに2つのお部屋の通風が確保できます。

 

お部屋を探すときにお部屋の数や位置や値段から吟味されるとおもいますが、

この暑さの中、換気が大事とされる時期、

 

「窓の位置」や「ドアの位置」「部屋の区切り」、

そして実際に内覧される場合風が通りやすいかどうかを

チェックしていただくだけで

家での過ごしやすさが変わってきます。

 

お家時間が長かったり

テレワークの最中だったり

大変で気がめいることもありますね。

 

その中少しでも

心地のいいお部屋を選んでいただくために

少しでも小さくとも情報を提供できればとおもいます。

 

ながくなりましたが今日はここまで。

皆さま引き続き熱中症にお気をつけて

(こむらがえりも熱中症の症状です)

お過ごしください。

 

-今日の社内-

今日は先輩が江瀬美町付近でパフェを

買ってきてくれて幸せでした。。

種類があって楽しくて美味しかったです。

写真は撮るのをわすれていました。

(休日出勤した甲斐が・・・)

 

—-風通しのいいオススメ物件——

ナワテハイツ

楠公マンション